事業の為に何円程度で資金を調達する事が多いか

事業などでお金が必要になると、銀行で調達をするケースが大変多いです。

そして多くの方々は、その資金はかなり大きいとのイメージを持っています。

実際確かに、状況によっては大きな金額が動くケースもあるのです。

会社で多くの物品を購入するとなると、それなりにまとまった資金を必要でしょう。

ましてビジネスローンという商品は、かなり大きな額での調達は可能です。

一部の地方銀行などでは、1億円前後を貸してくれる事もあります。

そこまで大きな数字を見ますと、人々は多くの額を調達しているようなイメージを持つ方々も多いのですね。

では現実はどうなのかというと、実際はそこまで多くの金額が調達されるケースは少ないです。

むしろ、比較的少なめな金額で融資を受ける事業者が多いのですね。

というのも、以前にアンケートが実施された事があります。

現実にビジネスローンを利用した方が、具体的にどれ位の金額で借りたかを調査が行われたのですね。

それによると、全体の4割近くの方々は100万円以下で借りている状況だったのです。

上記のような1億もの金額を借りていた訳では無いのですね。

小売業の方々が急に資金調達が必要になって、数十万ほどの融資を受ける事例が多かったのが実情です。

それと100万円は超えているものの、500万以下の方々の割合もかなり多めで、全体の55%近い状況でした。

数百万程度の資金を調達する方も、実は意外と多いのですね。

ところがその金額が500万円以上となると、上記のパーセンテージは大きく下がってきます。

500万は越えるものの、1,000万以下の方々の割合は、実に全体の3.5%前後に過ぎません。

600万円台や700万などで調達をする方も多くても、少なくとも上記のように数十万ほど借りる方々に比べれば、明らかに人数が少ないのですね。

さらに融資額が1,000万以上となると、ほぼ0%近い状況になります。

事業資金と聞くと、いかにも大きなお金が動くように聞こえるかもしれませんが、現実には数十万ほどの金額が調達される事例が多い事は、間違いないのですね。

ちなみにその商品は、商店や建設業の方々が利用するケースが大変多いです。

その業態ですと、あまり高額な資材などを調達するケースも少ないので、それが融資金額に反映されているとも推察されます。

確かに小売商店などで購入する物品などは、1億前後もの資金が求められる事は、めったにありませんね。

そのようなお店の方々が、比較的短期で返済をしている事例が多いのも、この融資商品の特徴の1つです。