実は無借金経営では難しい事があるビジネスローン

事業を営む方々の状況にも、色々あります。

中には負債を抱える事業者もあるのです。

法人などに対しては、たまに無借金経営という表現が用いられる事があります。

その言葉通り、全く借金を抱えていない法人です。

そのような事を聞きますと、いかにも財務状況は健全なように聞こえるでしょう。

世間では融資を受けて資産が焦げ付いてしまった法人なども、数多く見られます。

借金でなかなか会社の回転が難しくなっている法人も、中にはあるのですね。

それに比べれば無借金経営の業者などは、いかにも健全度は高そうに見えるでしょう。

ちなみにビジネスローンの申込をする時には、必ず会社の債務状況が分かる書類などは、提出する事になります。

賃借対照表などの書面によって、財務状況を明示するケースが大変多いですね。

もちろんその状況を見ますと、会社がどれだけの負債を抱えているかも、直ぐに判断できます。

それで金融会社は、もちろん返済力などは重視する事になります。

貸したお金の返済で成り立つビジネスになる訳ですから、やはり財務状況が健全かどうかは重視される訳です。

健全ならば、借りやすくなります。それで上記のような無借金経営という表現を聞くと、いかにも財務状況は良さそうに聞こえるでしょう。

ですので上記のビジネス用商品でも、借りやすいように思われるかもしれません。

しかし実際には、そうとも言えない一面があるのです。

なぜなら今までに借金をした事が無い法人ですと、そもそも融資能力がどれ位のレベルなのかも判定が難しいからです。

今までに一度も借金の経験がなければ、当然返す能力が高いかどうかは分かりません。

逆に金融会社としては、少し警戒する事もあるのです。

全くの初めての法人にお金を貸しても、本当に返してくれるだろうかと不安になってしまう訳ですね。

むしろ金融会社としては、返した実績がある法人を高く評価する傾向があります。

過去にどこかの金融業者から少額で借りていて、全く滞納もなく完済していた方々などは、別に問題無く借りれる事も多いのです。

借金があるか否かという問題よりも、むしろ過去実績が重視される訳ですね。

ですので今までに借りた実績が無くて、いずれビジネスローンを利用しようと検討中なら、取りあえず少額で借りておくと良いでしょう。

それを完済する実績を積み上げていけば、多くの金融業者としては問題無く貸してくれる傾向があります。

融資の実績作りも、実は大切なのですね。