ビジネスローンで返していく期間と毎月の負担額との関連性

どこかの銀行などでお金を調達した場合は、もちろん返していく事になります。

ところで資金調達をする方々としては、たまに毎月の負担などを気にしている事があります。

なぜなら負担が重くなってしまう事があるからです。

例えばある法人が、ビジネスローンで借りたとします。

それで毎月30万ずつ返していく事になったとします。

よくある話ですね。

ところでその30万という金額では、かなり重すぎると感じる法人もある訳です。

毎月20万ならそれほど大きな負担ではなくても、30万では運転資金が圧迫される事もあるでしょう。

このため法人の中には、毎月の負担額の減少を希望している事があります。

それで長期化させるやり方もあるのですね。

上記の30万という金額で、4年ほどかけて返済を続けるつもりだったとします。

それでは少し無理が生じる訳ですから、4年という数字を調整してみるやり方もあるのです。

4年ではなく6年などに変更してみれば、それだけ毎月の負担が減る訳ですね。

ですので金額が大きすぎると思った時には、現在借り入れ中の金融業者に相談をしてみるのも一法ではあります。

それで金融業者の最長期間というのは、それぞれ異なります。

かなり長い期間で設定できる業者もあれば、もちろんその逆の業者も存在する訳です。

どれだけ長くても8年以内に返済するよう求めてくる金融業者もあれば、10年程度までは続ける事ができるとルール設定をしている業者もあります。

ですので最長の期間というのは、少なくとも業者を選ぶ基準の1つになる事だけは、間違いないでしょう。

ですが期間を長くした事による負担も、少し注意を要します。

例えば上記の4年コースであれば、トータルの返済金額が1,500万近くだったとします。

ところが6年コースにしてしまいますと、それが1,600万近くになってしまうケースもあるのですね。

さらに10年コースなら1,800万などの具合です。

長引いてしまえば手数料は高めになるので、それが総合返済額に反映されてしまう訳です。

当然それでは別の意味で会社経営が圧迫されてしまいますので、あまり良くありません。

ですので、長すぎるのも良くないのですね。

それ以前に事業の為に資金調達をするとなると、原則として短期になります。

あまり長期間で返済を続けるものではありません。

上記のような4年から6年に変更するやり方は、あくまでも非常手段の1つと考えておくのが良いでしょう。

できる事ならば、やはり早めに完済をするべきですね。